ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 投資のコツ > 第2回 PERの本当の意味を知っていますか?

投資のコツ

第2回 PERの本当の意味を知っていますか?

代表的な投資尺度にPER(株価収益率)というものがあります。
「株価÷1株利益」で計算される指標で、よくPER何倍と表記されます。

株価が1株利益の何倍まで買われているかを表しますが、これは見方を変えると投下資金の回収期間を意味します。
PER10.5倍でしたら投下したお金(株の買付け代金)を回収するのに10.5年かかることを意味しているわけです。
回収期間は短いほうがいいのですが、何倍が妥当かは一概には云えません。

成長性の高い企業と成熟企業とでは当然違ってきます。
成長性の高い会社は毎年毎年(1株)利益が大きく伸びますから、PERは成熟企業よりも高くなります。

日本経済が順調だった08年前半の東証1部上場銘柄の平均PERは19~23倍でした。
平均PERは日本経済新聞が毎日発表していますので、この平均PERとの対比で割高に買われているか割安に買われているか判断したらいいでしょう。

JCブレイン投資顧問では推奨銘柄を配信する時にPERは何倍ですとコメントしています。
これがなければ平均よりも高く買われているのか安く買われているのか分からなくなるからです。

↑ページTOPへ

« 第2回 PERの本当の意味を知っていますか? »

投資のコツ 目次

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制