ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

投資戦略レポート

2007 年 1 月 29 日号

相場の基調は強い

 年明け後波乱の動きを見せた株式市場ですが、ここへ来て市場のムードはかなり良くなってきました。先週は5日間で日経平均が111円上昇。25、26日と週末にかけ下落しましたが、一時、昨年来高値を上回り17617円まで上昇する場面もみられました。週後半の下げは新値更新したことによる目標達成感から利益確定売りが出たことなどが原因です。週末の動きが後場半ばから急速に下げ渋る展開になったことからもみても、相場の基調は強いと見たほうがいいと思います。
 日経平均が昨年来高値を更新したことで03年4月を底にスタートした今回の上昇相場は依然継続中であることが明らかとなりました。堅調地合いが続けばこうした見方がさらに広がり、市場の雰囲気を一段と好転させるのではないでしょうか。薄型TVや携帯電話などデジタル機器の値崩れが激しくなり、半導体などハイテク関連企業の業績に先行き不透明感が強まっているため日経平均が大きく上値を追えるような状況ではありませんが、東京市場は出遅れ感のあるものを循環的に物色しながら順調に推移する公算が大きいとみています。


物色面では二極化に近い状況も

 相場の地合い好転で各市場とも売買高が膨らみつつありますが、物色面では二極化とまではいえませんが、人気化しつつあるセクターとそうでないセクターに分かれつつあるように思います。後者の代表が業績不透明感の強まっているハイテク関連株や資源関連株で、前者はセクターというよりは値段の安い低位株グループ。鉄鋼、造船などがその代表といえます。投資に当たってはそれを踏まえて臨んだ方がよいでしょう。
 新興市場にも活気が戻りつつあります。ジャスダック、マザーズ、ヘラクレスの3市場とも底入れが鮮明となり、投資余力の回復した個人が動き出しつつあります。新興市場は昨年大きく売られ、これ以上下げ余地のないところまで下げていただけに、かつての勢いを少しずつ取り戻すような動きになるのではないでしょうか。少なくともメジャー市場よりはいいパフォーマンスをみせるのでないかとみています。


今週の注目株


( 7007 ) 佐世保重工業

P E R 30.2 倍
P B R 3.75 倍
配 当 2.0 円
株価( 1 / 26 ) 390 円
第1目標 450 円
第2目標 500 円
見切り 360 円

【業績】 (単位:百万円、円)
決算期 売上高 経常利益 1株利益
06/3 51,389 1,782 5.2
07/3 (予) 54,000 1,400 12.9
08/3 (予) 60,000 4,500 27.8

 26日引け後、今3月期業績の上方修正を発表。経常利益はそれまでの11億円から14億円へ、税引き利益は12億円から21億円へそれぞれ引き上げる。1株利益は12.97円。
 今3月期は鋼材価格上昇の影響などで利益は伸び悩む形となるが、来期は高価格船が売り上げに立つため大幅増収増益決算が期待される。経常利益は今期予想比3.2倍増の45億円程度へ拡大する見通し。再来期はさらに好転し70億円程度になるとの予測も出始める。
 過去最高値に肉薄している受注船価は現在の需要環境からみてさらに上昇していくとの見方が大勢。このため同社の業績は様変わりに好転していくことになりそう。11月高値373円を更新しチャート妙味が増しているだけに、上げ足に弾みが付く可能性は充分。貸借倍率が1.32倍と取り組み妙味があることもプラス。中長期投資にも最適。


( 8585 ) オリコ

P E R 5.7 倍
P B R 1290 倍
配 当 3.0 円
株価( 1 / 26 ) 258 円
第1目標 300 円
第2目標 340 円
見切り 235 円

【業績】 (単位:百万円、円)
決算期 売上高 経常利益 1株利益
06/3 329,849 53,666 6.7
07/3 (予) 328,900 45,500 45.1
86/3 (予) 330,000 54,000 57.8

 05年11月の高値588円から06年11月の185円まで、一年間下げ続ける。グレーゾーン金利の撤廃で消費者金融株が大きく売られた流れを受けたものだが、チャートからも分かるように既に昨年11月で底入れは完了。先週26日に25日線と75日線がゴールデンクロスしたこともあり、今後は上値を試す動きとなりそう。
 今3月期予想EPSは45.1円。繰り延べ税金資産効果を割り引いても実質EPSは25円程度はありそう。3円配を継続しているほか、来期は増益に転じる予想。実質PER10倍程度の時価は割安感が顕著で、人気化する可能性は充分あろう。これも中長期投資に最適。仕込みは押した処を狙いたい。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制