ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

投資戦略レポート

2007年2月5日号

上値追いの動きを強めていく展開か

 東京市場は上値の重い動きが続いていますが物色意欲は旺盛で、相場の雰囲気は悪くはありません。1部市場の売買代金は連日3兆円を超え、昨年までとは市場の盛り上がり方が違います。
 先週末時点の日経平均株価は17547円(前日比+27円)。昨年4月7日に付けた終値ベースの昨年来高値17563円にあと16円と迫っています。第3四半期業績発表の本格化を受け今期業績見通しを株価に織り込む動きが強まっている中で順調な業績を発表している企業が多いため、現在の強基調が崩れることはないと思われます。来期についても収益拡大が続くとの見方が大勢で、日経平均はいずれ上値追いの動きを強めていく展開になると予想しています。

1部市場は限られた分野だけに注目が集まる

 とはいえ今の相場はそう簡単には儲けられないものになっています。終値ベースでは日経平均はまだ昨年来高値を更新してはいませんが、ザラ場ベースでは先週末も昨年4月高値を後場中ごろまで上回っていました。
 通常こうした状況では高値更新銘柄が数百銘柄に達するのですが、それが先週末は71銘柄しかありません。
 上場している1716銘柄の中でこれだけしか新値を更新していないということは重大なことです。鉄鋼、造船、海運、化学、不動産、電力・ガスなど限られた業種の、限られた銘柄に資金が向かっていることの表われです。
 投資対象セクターを間違ったら持ち株はなかなか上がらないという事態になりつつあるので、投資に当たっては注意してください。
 新興市場は先々週、先週と2週連続で調整場面が続いています。これに痺れを切らした一部の投資家が動きのいい1部銘柄を買おうと売り急いでいる動きも見られますが、ここからはそうした行動は控えた方がいいのではないでしょうか。そろそろ調整も一巡すると見られるうえに、1部市場もそう簡単に儲かる状況にないからです。

今週の注目株

( 5232 ) 住友大阪セメント

P E R 27.1 倍
P B R 1.48 倍
配 当 5.0 円
株価( 2 / 2 ) 468 円
第1目標 500 円
第2目標 550 円
見切り 430 円

【業績】  (単位:百万円、円)
決算期 売上高 経常利益 1株利益
06/3   191993 12877   6.4
07/3 (予) 200000 15200 17.3
08/3 (予) 205000 16000 19.7

 先週末大きく上伸し、昨年4/14に付けた高値を一気に更新してきました。チャート妙味が俄然増してきたわけで、これが同社株人気を更に高めることになりそう。信用倍率が1.08倍と取り組み妙味もあり、踏み上げ相場に発展する可能性も強まる。
 堅調な株価の背景はセメント需給の好転。建設需要の拡大から好調な出荷が続く一方、設備廃棄で供給が絞られているためセメント需給は逼迫状態。値上げが浸透しやすい環境になっており、来期は一段の業績好転が期待される。メリルでは目標株価を520円に設定し買い推奨。 

( 7843 ) 幻冬舎

P E R 12.3 倍
P B R 1.71 倍
配 当 5000 円
株価( 2 / 2 ) 483000 円
第1目標 530000 円
第2目標 600000 円
見切り 440000 円

【業績】 (単位:百万円、円)
決算期 売上高 経常利益 1株利益
06/3 10947 2391 40834
07/3 (予) 12400 2580 39167
86/3 (予) 13500 2700 41667

 昨年の下落相場は11/22の378000円で終了、その後は戻りを試す動きに変わる。足元は45~50万円のボックス圏の動きだが、チャートからはそろそろもみが煮詰まってきそう。25日線と75日線が2/1にGクロスを形成したこともあり、次第に上値追いの動きを強めることになるのではなかろうか。
 業績は順調で今期も過去最高益更新の見通し。PERは12.3倍と割安感が強く、PBRも1.71倍と評価不足の感が強い。高値からの下げがきつかったこと(下落率は67%)、テクニカル指標からもトレンド転換の動きになりつつあることから、ここは水準訂正の動きを期待したいところ。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制