ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > TAKARA & カンパニー(7921)

リアルタイム情報

TAKARA & カンパニー(7921)

TAKARA  &  カンパニー(7921)
業績は好調で今期も最高益更新予想。ここは持続で!

1円安。本日の地合いを考えたらしっかりした動きです。
紹介時の株価(1903円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。
主力の印刷部門は企業のディスクロージャー関連(有価証券報告書や事業報告書など)を扱っている関係で好不況の波は受けません。
そのためコロナショックで急落した後は急速に戻し、3月安値の2.2倍の3015円まで上昇していました。
その後、大きく調整しましたが、12月に底を入れた後は少しずつ下値を切り上げる動きとなっています。

業績は好調。
2020年11月中間期は売上高128億円(前年同期比21%増)、経常利益16.77億円(同15%増)と2ケタ増収益を達成しました。
今通期では売上高265億円(同38%増)、経常利益25億円(同5%増)と最高益更新を見込んでいます。
株価はこの決算(12/25発表)を受けて急落していました。
理由は分からずじまいだったので特定の大口が何らかの理由で売らざるを得なかった、こういう下げだったのではないかとみています。
現に株価はその後、下値を切り上げる動きになっています。
決算関連の印刷が主力ですから、売り上げは上期(6~11月)に集中します。それを知らなかった大口が失望して投げたのかもしれません。

信用倍率は0.26倍と大幅な売り長で「貸し株」も89万株超出ています。
需給面からも注目されます。
(株価1858円-1円) 見切りライン1790円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制