ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

リアルタイム情報

JMS(7702)

JMS(7702)
下方修正で下げ余地のない水準まで売られましたが、今度は増額修正となりそうです!


紹介時の株価(614円)は上回っています。
11/8にほぼストップ安水準まで下落した後。底練りの動きが続いています。
急落したのは9月中間期売上高を291億円→282億円(前年同期比1%増)に、経常利益を10.50億円→6.83億円(同39%減)に下方修正し、通期売上高を586億円→580億円(同0.7%増)に、通期経常を23億円→12億円(同40.4%減)に引き下げたのが原因。
コロナ対策のワクチン接種が進展し医療機器の販売は順調なものの、外出制限等に伴う採血数の減少により主力の血液関連製品が海外で伸び悩んだため、と会社資料には出ています。

そんな中、2/8発表した2021年4~12月期決算は売上高437億円(同2%増)、経常利益12.33億円(同21%減)と予想を上回るものでした。
通期業績は上記予想を変えていませんが、経常利益は通期で計画している12億円をすでに超過達成しています。
第3四半期を取り出すと売上高155億円、経常利益5.50億円。中間期より売り上げ、利益ともぐっと良くなっており、大幅上振れ必至です。

パッと見はいい決算ではなかったので好感されなかったものの、その後の全般相場急落時も底堅い動きが続いています。
会社四季報春号の発売で好実態が分かってきますので、期待したいところです。
なお会社四季報春号の通期経常予想は17億円となっています。
(時価616円-4円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制