ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > DDS(M3782)はロスカットせず、持続してください!

リアルタイム情報

DDS(M3782)はロスカットせず、持続してください!

期ずれが原因です。ここはロスカットせず持続で対処してください!

大幅下方修正でストップ高売り気配となっていますが、ここはロスカットせず持続で対処してください。
期ずれが原因です。来期はその分よくなるはずです。
会社資料は以下のように出ています。
寄り付いた後からコメントは開始します。
(株価555円ウリ) 見切りライン584円

【業績予想の修正理由】
売上の主要部分を占めるバイオ事業において、自治体及び官庁外郭団体の大口案件2 件を含む 自治体・官公庁および民需案件の受注が来年度にずれ込んだことから、今期の売上見込が621 百 万円減少しました。新事業であるFIDO 関連事業およびライセンス事業の進捗が遅れたことも含め て考慮した結果、当初の想定を大きく下回ることになりました。

バイオ事業における主力製品EVEシリーズについては、先日行われた国政選挙などの影響もあり、 約5万ライセンスの大口案件を含む自治体および官庁外郭団体案件の納品が来年度にずれ込む見 通しとなりました。
また今期は、前期に需要が旺盛であった自治体導入などの官需から、文教・医療・金融業界な どの民需への需要が波及していく移行期であり、実際に各業界において管轄省庁から生体認証セ キュリティ導入に関するガイドラインが発表されました。このガイドラインの発表に伴い商談は 件数金額ともに大きく積み上がったものの、一部官庁の当該ガイドラインの発表が当初見通しよ り数か月遅れたことや、一部業界において国からの補助金等の予算措置が平成30年度に行われる との憶測による買い控えが生じたことなどから、案件の多くが来年度にずれ込む見通しとなりま した。

また、月額課金型のサービス開始に伴い、一括購入予定の顧客の一部が月額課金サービスに移 行した結果、売上計上分が利用月数分だけとなるため大きく減少し、来期以降の売上計上見込と なりました。

マガタマ事業関連の製品・サービスについても、国内市場においてFIDOアライアンスの加盟企 業は増えているものの実際のシステムへの導入に関しては当社の想定より遅れが生じています。
当社が前期に納入が完了している大口の通信事業関連のエンドユーザー様のサービス開始にも遅 れが生じており、当社が想定していた他社のFIDOサービス開始による当社マガタマサービスの併 用といった相乗効果が年度内に生まれませんでした。
また、ライセンス事業についても、海外の大手スマートフォンメーカに向けて営業活動を行っ た結果、受注の最終段階に来ているものの当社ソフトウェアと併せて供給される協業先の新型セ ンサーのハードウェアの量産化に支障があり製品化スケジュールに遅延が発生したため、売上が 来年度にずれ込む見通しとなりました。

これらの要因により、従来事業、新規事業共に当社の想定を大きく下回る見込となりました。 その結果、平成27年4月6日に公表した業績予想の売上見込みから約855百万円減少する見通しと なりました。費用面については、期初の計画より抑制気味に推移しておりますが、売上高の減少 に伴う売上総利益の減少により営業損失、経常損失、当期純損失も増加いたします。
売上高、営業利益、経常利益および当期純利益とも前回発表予想を下回ることが見込まれるた め平成29年12月期通期の業績予想を修正いたします。また、連結業績予想の修正については、個別業績予想の修正の影響によるものであります。

(注)上記の業績予想につきましては、現時点において入手可能な情報に基づき判断した見通し であります。実際の業績等は様々な要因により上記数値と異なる場合があります。
以 上

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制