ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ビーロット(3452)

リアルタイム情報

見通しコメント ビーロット(3452)

ビーロット(3452)
TARERUの件で売られただけです。ここは持続で!


続伸の動きです。
決算を受けて急落した後、順調に戻していましたが、9月に入っての下落が響きました。
9月の下落はTATERUの件が響いたとみています。
紹介時の株価(1320円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。

急落したのは6月中間期が売上高49.99億円(前年同期比5%減)、経常利益3.54億円(同19%減)と減益となったからです。
会社四季報予想が売上高90億円、経常利益9億円でしたから話にならない業績です。
ただ通期業績は売上高200億円(前期比52%増)、経常利益20.57億円(同2%増)を変えておらず、最高益見通しも変えていません。

決算短信をチェックして分かったのですが、業績面では全く問題がないことが分かりました。
会社資料には「今期業績は計画通り進捗している」とし「下半期に大型案件の売却を予定している」と出ていました。
元からそういう予想だったわけです。
そして同社は中間期業績見通しを発表していないということも分かりました。
東洋経済新報社が会社四季報で発表した上記中間期予想に対して実績が大幅未達となったことが大幅安の理由とみています。
会社四季報秋号も予想は変えていません。
(株価1241円+43円) 見切りライン1149円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制