ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > いまは買いではなく、下がったところを待つべきです!

リアルタイム情報

いまは買いではなく、下がったところを待つべきです!

今回の相場の戻りはあまりにピッチが早過ぎます。
6月13日の12445円から7月9日の14472円までの上昇幅は2027円(16.3%・18日営業日)にもなります。
日銀が異次元緩和を発表した4月4日からの上昇ピッチを上回る速さです。

4月4日から18日営業日目の5月1日の日経平均は13799円でした。この間の上昇幅は1167円(9.2%)にすぎません。
4月4日の日経平均にこの上昇率を当てはめれば、14689円となります。これは5月10日(14607円)と5月13日(14782円)の間の株価水準になります。

今回の相場急落は上げすぎ(=スピード違反)が原因となりました。今回の戻リ局面でも同じことがいえるのではないかと思います。
前に「積極買いに転じるのは2番底を確認してから」と指摘しました。
いまはは買い向かうところではなく、下がったところを待つべきではないかとみています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制