ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > マーケット解説 | リアルタイム情報 > Nビディアは反発しています。先行き期待が高まってきました!

マーケット解説

Nビディアは反発しています。先行き期待が高まってきました!

画像処理半導体の世界的企業Nビディアが急落したことが、今回の米国IT関連株の急落の一因となりました(アップルも一因ですが・・・)。
ソフトバンクが数千億円投資したあの企業です。
それが急落し、この8日間で株価が半値になってしまいました。
11/20時点の時価総額は909億ドルまで減少しています。

しかし昨日は大幅安で始まってから大きく戻し、前日比4.38ドル(3.03%高の149.08ドルで引けています。
本日の日本市場では東エレク(8035)、アドテスト(6857)、スクリーン(7735)、SUMCO(3436)、サムコ(6387)、信越化学(4063)といった半導体関連株が揃って上昇しています。
これまでみられなかった現象です。
Nビディアの動きから半導体関連株が底入れしたのではとみた買いなのかもしれません。

日経平均は現在21540円と40円安となっていますが、チャートは下げ幅を縮小する陽線となっています。
買い物がどんどん増えており底入れをうかがわせる動きです。
半導体関連が底入れしたとはまだ言えませんが、その可能性は出てきました。
そうなれば日経平均は目先の底というか、2番底を付ける可能性が強まってきます。
先行きに光明が出て来た感じです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制