ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント(第2弾)アライドアーキテクツ(6081)

リアルタイム情報

見通しコメント(第2弾)アライドアーキテクツ(6081)

アライドアーキテクツ(6081)
引け後、更に調べました。前回の報告に一部ミスがあったので修正しました!


昨日引け後の16:10にアップしましたが、ご覧になってない会員もいると思いますので、再度アップしました。
システムの関係で昨日16:10の分はこれに置き換えられるので、ご覧いただけません。

きのうは決算のチェックが大変で、同社の業績のチェックは出来ずじまいでした。
調べた結果、業績には問題がないことが分かりました。
現在の状況を簡単に説明すると、アライド単体で稼いだ利益を今後の成長が期待できる海外に振り向けているとのことです(アライド単独の第3Qの営業利益は1.9億円の黒字となっています)。
今期業績は赤字からV字回復する予定でしたが、赤字が続くことになりました。
ただ単体の業績は急速に良くなってなっており、2018年10~12月期は四半期ベースで過去最高の利益を上げられる見通しになったと会社資料に出ています。

決算をゆっくりチェックして分かったのですが、第3Qの売上高総利益は12.51億円(前年同期比6%増)と赤字ではなく黒字になっています。
赤字になったのは
①持ち分法適用会社のFLASHPARK社が8月から単月黒字化を達成し、その後も順調に推移しているが、当社出資時の予想を下回っていたので同社株式の減損処理を行い、株式評価損2.55億円を特別損失に計上したこと。
②それに伴い買収価格ののれん償却を行う必要に迫られ、1.58億円ののれん償却を営業外費用に計上したこと。
③今後の成長をより確実なものにするため、シンガポールの連結子会社Creadits社のビジネスモデルを第2Qに変更した影響が出たこと。ビジネスモデルを改めたことで成約は順調に伸長しているものの、解約に伴う損失を期中に吸収することが出来ず、本業ベースの下方修正につながった。
以上が下方修正の主因です。

アライド本体の利益は順調に伸びていますが、Creadits社のビジネスモデル変更による同社の赤字幅拡大と一時的なのれん償却費が原因です。
第3Qまでの累計売上総利益は12.561億円(前年同期比6.4%増)、営業利益は▲0.14億円(前年同期は▲0.86億円)と本業ベースでは確実に良くなっています。
同社では第4Qの営業利益は0.14億円と黒字転換を予想しています。
Creadits社の損失は10~12月期まで続くようですが、同社では10~12月期は国内事業がさらに好転、経常利益は900万円ながら黒字浮上するとしています。

会社資料をチェックし、来期は相当期待出来そうです。
持ち株は持続で大丈夫と見ています。
(株価472円+17円) 見切りライン506円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制