ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント メルカリ(G4385)

リアルタイム情報

見通しコメント メルカリ(G4385)

メルカリ(G4385)
新興銘柄の不振を象徴する銘柄ですが、上場区分変更が発表されました。これを機に動きが
変わる可能性があります!

紹介時の株価(2279円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。

昨年11月の上場来高値からの下落率は74%超。どんなに下げてもそれ以下にはならないとされる「半値八掛け二割引き」を大きく下回る水準まで下げています。
コロナショック時に付けた上場来安値(1557円)とそう変わらない水準まで下げていました。

現在東証のグロース市場に分類されています。個人が玉砕状態にある中、TOPIX型投信の買いが入らなかったことがここまで下げた理由ではないかと思います。
個人の持ち株が多い銘柄ですが、1兆円を超えていた時価総額は3400億円強まで減少しています。

大幅赤字が続いていましたが、前期は初めて黒字浮上しました。
ただ今6月期の第3四半期決算は売上高1097億円(前年同期比42%増)、経常利益▲47.53億円(前年同期は14.27億円)と再び赤字に転落しています。
第3四半期を取り出すと売上高386億円、経常利益▲29.56億円と中間期より悪化しています(因みに中間期経常は▲17.97億円)。
この決算(4/28発表)を受け、未定としていた通期業績を売上高1470億円(同38%増)、経常利益▲46億円(前期は49.75億円の利益)見通しと発表しました。

5/2の株価はこれを好感する動きになっていました。その後の冴えない動きは上記のことが響いているからではないかと思います。
そんな中、上場区分を6/7付でグロースからプライムに変更すると発表がありました。「渡りに船」ではないかすぐと思いました。TOPIX投信の買いが期待されるからです。

同社株の環境は今が最悪ではないかと思います。今後徐々に良くなってく株価もれば、その分、株価も上昇するとみています。
(株価2145円+10円) 見切りライン1863円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制