ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント TOKYO BASE(3415)

リアルタイム情報

見通しコメント TOKYO BASE(3415)

TOKYO BASE(3415)
好決算ながら期待値が高すぎストップ安となっています。ここは持続で!

ストップ安となっています。決算が響いているようです。
2018年2月期は売上高127億円(前期比36%増)、経常利益15.77億円(同24%増)と大幅増収益を達成、最高益を更新しました。
今期は売上高153億円(同20%増)、経常利益20.32億円(同28%増)と一段の拡大を見込んでいます。
これで売られたのは前期経常が予想(売上高124億円、経常利益17.57億円)を下回ったほか、今期経常が会社四季報予想(23億円)を下回ったからだとみられます。

好業績であることに変わりはありませんが、同社に対する期待値が高すぎたことも背後にあります。
PERは46倍台でPBRは15倍台。これは半端な期待ではないと思います。

好決算を発表したのに同社株は1/12に急落した経緯があります。
その時、翌日の日経新聞は事前の期待値が高すぎたからでは・・・と報じていました。
ただ証券会社の同社に対する評価には高いものがあります。
日興証券は投資判断「1」を継続、目標株価を2000円(分割調整後)に設定しているほか、大和証券は4/12付で投資判断「アウトパフォーム」、目標株価1600円でカバーを始めています。
ここは持続して手を打ちたいと思います。
(株価1185円-300円) 見切りライン1541.3円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制