ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント TOKYO BASE(3415)

リアルタイム情報

見通しコメント TOKYO BASE(3415)

TOKYO BASE(3415)
ここはは持続で。業績は好調ですが、期待値が高すぎて売られただけです!

2/28を基準日に1:3の株式分割を行ったので、株価位置が変わっています。
紹介時の株価(1723.3円)を大幅に下回っていますが、ここは持続で対処してください。
決算を受けた1/12(前引け後の発表)の急落は何だろうと色々調べましたが、結局分からずじまいでした。
そしたら13日付の日経新聞が以下のように報じていました。↓

「カジュアル衣料品を手掛けるTOKYO BASEが12日発表した2017年3~11月期決算は税引き利益が8億円と前年同期で49%増えた。衣料品の販売が利幅の厚いインターネット経由で伸びた。 新規出店も奏功した。ただ市場ではより大幅な増益が期待されていたといい、同社株は12日に一時18%安となる場面があった。」
以上です。

2017年4~12月期は売上高91.36億円(前年同期比43%増)、経常利益11.70億円(同40%増)と好調そのものでした。
通期業績は売上高124億円(同32%増)、経常利益17.57億円(同38%増)を据え置いていますが、最高益更新見通しは変わっていまん。
決算が悪くて売られたわけではありません。
事前の期待値が高すぎて売られただけです。
日興証券も投資判断「1」を据え置き、目標株価を2000円(分割調整後)に設定しています。
既に目先の底は付けています。市場が落ち着いたら戻してくるとみています。
(株価1377円-10円) 見切りライン1541.3円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制