ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント Sansan(プライム4443)

リアルタイム情報

見通しコメント Sansan(プライム4443)

Sansan(プライム4443)
今期は2期ぶりに最高益を更新の予想。ここは持続で!


続落となっていますが、動きは悪くありません。紹介時の株価(1429円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。
上場来安値まで下げてから動きが変わりつつあり、トレンド転換した可能性大です。
高値からの下落率は75.9%。「半値八掛け二割引き」以上の凄い下げになっていました。そこからの反転。

会社では今2022年5月期は売上高202~207億円(前期比25~28%増)、営業利益4.50~8億円(同38%減~8%増)を見込んでいます。
が、会社四季報では今期は売上高210億円(同30%増)、営業利益8億円(同8%増)、経常利益13億円(同188%増)と2期ぶりに最高益を更新すると予想しています。

レンジでの予想ですが、11月中間期は売上高95.77億円(同25%増)、営業利益▲1.33億円(前年同期は6.86億円)、経常利益6.43億円(同41%増)と大幅増収ながら本業の営業利益は赤字となっていました。
会社資料には‥‥、
営業利益は前年同期と比較して8.20億円減少しましたが、これは中長期的な売上高の成長実現に向けた戦略を推し進めたことから、広告宣伝費が前年同期比で6.05億円増加したことに加え、採用強化によって人件費が前年同期比で10.03億円増加したことによるものであり、期初公表した連結業績予想に沿った実績です…と。

この決算を受け1/14は急落しましたが、寄った後は下げ幅を大幅に縮小する動きになっていました。下げすぎとの見方から買いが大量に入ってきたためです。
地合い悪化からその後、さらに下げてしまいましたが、株価面の最悪期は過ぎたとみています。

決算で業績不安は織り込まれました。会社四季報の予想通りなら、今期は前期に続いて最高益を更新することになります。
信用倍率は1.倍と接近しており「貸し株」が459万株超出ています。需給は良好というより最高です。
(株価1243円-56円) 見切りライン1119円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制