ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント NEW ARTホールディングス(7638)

リアルタイム情報

見通しコメント NEW ARTホールディングス(7638)

NEW ARTホールディングス(7638)
機関投資家が買っていたようです。予測通りの展開です!

このところ軟調な動きでしたが、目先の底は入れたようです。
紹介時の株価(760円)は40%超上回っています。将来の株価位置はさらに変わってくるとみられるので、利確は考えない方がいいとみています。
3月初旬までの上げは機関投資家の買いです。○○円まで買っていこう、こう決めて買っていたようです。

決算は素晴らしいものでした。
2020年4~12月期は売上高136億円(前年同期比3%減)、経常利益19.61億円(同22%減)と減収減益ですが、予想を上回る内容。
通期業績は売上高182億円(同1%減)、経常利益29.46億円(同10%減)を据え置いていますが、第3四半期を取り出すと売上高51億円、経常利益10.70億円と凄い内容となっています。

昨年11月のラジオ日経の株式番組に登場した同社会長兼社長の白石幸生氏は、今2021年3月期は「前期数字は確実に確保できる状況になった」と語っていました。
今期経常は増額したとはいえ29.46億円(前期比10%減)と減益見通しですが、これが増益に転じるわけです。数字には言及しなかったものの、この環境下で最高益を更新する見通しです。
そして来期は売上げは20%以上伸びる。キメ細かく出店してきたからその効果が出るとのことです。現に、もうそうなっていると…。
現在、店舗は「ダイヤモンドシライシ」ブランドが58店、EXELCOブランドが42店とのこと。日本は勿論、アジアで最大のダイヤモンド宝飾店になったと語っていました。
そして来々期の利益は3~4割アップすると。

不振だろうと思っていたエステ事業は意外と健闘しています。
4~12月期ベースでは売上高は115.34億円(同1.9%減)、セグメント利益▲0.78億円(前年同期は1.41億円の利益)と赤字はそんなに大きくありません。
業績不安は完全に払しょくされたので、今後、高収益会社として認知が進みそうです。
なお会社四季報の今期予想は売上高192億円、経常利益32億円となっています。
(株価1070円+3円) 見切りライン460円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制