ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント NEW ARTホールディングス(7638)

リアルタイム情報

見通しコメント NEW ARTホールディングス(7638)

NEW ARTホールディングス(7638)
今年の成長株1~2位を争う
銘柄だとみています

会員にぜひ買ってほしい銘柄でしたので、3/1に続いて5/8に2回目の買い推奨を行いました。
決算は衝撃でした。
2019年3月期は売上高175.85億円(前期比22%増)、経常利益23.88億円(同229%増)と大幅な増収益を達成、3期ぶりに最高益を更新しました。
そして今期は売上高184億円(同4%増)、経常利益27.10億円(同13%増)と一段の拡大を見込んでいます。
改元効果で婚礼需要が伸びればジュエリー需要に直結しますので、増額の可能性も大です。

足元は高値もみ合い。出来高が細っているので調整しておかしくありませんが、そうした動きにはなっていません。
この水準では売りたくない人が多いからでしょう。JCでは年内に最低で100円、順調なら150~200円にはなるとみていますが、ホルダーの多くも最低でも100円以上にはなると思っているからでしょう。

凄い高収益会社に変貌したので、残された最大の問題は株価となります。
5月に3700万株(発行株式総数の11.35%)、10億円を上限とした自社株買いを発表したのはそれ対する強い意志の表れでしょう。
すでに5/8~5/31までで500万株(1.72億円)、6月に39.5万株(0.18億円)の買い付けを行っています。

10月1日に20株を1株に統合します。これに伴い配当は1.00円→20.00円に変わります。
機関投資家の持ち株比率は現在ゼロですが、これにより今後、機関投資家の買いも期待されます。
機関投資家が買うと金額が大きくなりますので、株価位置はかなり変わったものになるとみています(機関投資家は規則で低位株や無配銘柄は買えません)。
今年の成長株上位(本音は1位か2位)をインパクトHDと争うのではと見ています。
会社四季報のランキング調査からは同社は引っ掛かりません。そのため、今は四季報をみて同社に気づいた向きが買っているだけだとみています。
信用買い残が240万株超ありますが、「貸し株」が1364万株超出ています。
売り方は担がれた状態となっています。
(株価46円±0) 見切りライン23円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制