ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント Kudan(M4425)

リアルタイム情報

見通しコメント Kudan(M4425)

Kudan(M4425)
業績は好調なのに徹底的に売られ上場来安値まで下げました。後は順番を待つだけです!

小反落
紹介時の株価(9240円)をまた下回ってしまいました。物色の順番が回って来ませんが、ここは持続で対処してください。

9月中間期は売上高1.98億円(前年同期比38%減)、経常利益▲2百万円(前年同期は2.03億円の利益)と大幅減収となり赤字転落しました。
ただ通期業績は売上高6.50億円(同72%増)、経常利益2.13億円(同106%増)と従来予想を変えていません。

2018年12月のIPO銘柄で過去のデータはあまりありませんが、業績は大きく変動しています。
前上期は売上高3.21億円で経常利益は2.03億円、下期は売上高0.55億円で経常利益は▲1.00億円と赤字になっていました。売り上げの凸凹も凄いものです。
会社資料をチェックしたのですが、今上期が不振とは一言も出ていません。今後幅広い産業での応用と普及を見込んでいるとか、高成長を期待させるような強い文言に溢れる内容でした。
業績は四半期ごとに山谷があるようです。会社計画では今期は上期はダメで下期はV字回復する予想になっているようです(因みに中間期業績予想は非開示)。

同社はコンピューターの「眼」に相当するAP(人工知覚)を専門に研究開発しており、そのソフトをライセンス化して提供しています。APはコンピュータの「脳」に相当するAI(人工知能)と相互補完するDeep Tech(深層技術)で、この2つがロボットなど様々な機械を自律的に機能させる技術となります。
会社資料には成長性が極めて高い自動運転領域、モバイルセンサー領域、デジタルマップ領域や、一度採用される技術が広範囲かつ爆発的に広がる半導体・センサー領域を中心に事業開発を進めていくと出ています。
今年3月高値からの下落率はこれ以上は下げないとされる「半値八掛け二割引き」を下回る70%超に達しています。
売りたい向きはほとんど売ったので株価はもう下げなくなっています。
(株価8290円-40円) 見切りライン7429円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制