ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント JIG-SAW(M3914)

リアルタイム情報

見通しコメント JIG-SAW(M3914)

JIG-SAW(M3914)
発行株数の27%超が空売りされています。業績は絶好調です!

反発の動きです。
非開示としていた6月中間期が売上高6.40億円(前年同期比40%増)、経常利益1.77億円(同90%増)になりそうだと発表したことが好感されています。

同社は業績見通しは公表していません。
が、会社四季報では今12月期は売上高18.9億円(同70%増)、経常利益4.40億円(同73%増)と大幅な伸びを予想、最高益を更新するとしています。
中間期業績から見て通期でも凄い業績となりそうです。

昨年4月に23920円の上場来高値を付けた後、大きく下落しましたが、売り一巡後は1年以上も6000円を挟んだ往来相場が続いています。
信用買い残が53.1万株もありますが、「貸し株」が176万株超出ています。これは発行株式総数の27%強に達します。筆頭株主のステート・ストリート・バンク&トラスト(持株比率28.2%)や山川社長(同14.0%)が貸し出しているようです。
昨日の出来高が7.91万株ですから22日分の出来高に相当する株が空売りされています。
昨年12月2日時点でも163万株超「貸し株」が出ていましたので、ずっと前から売り建てているようです。
無配だからできることですが、決算を機に動きが変わったら急伸する可能性があります。
なおステート・ストリート・バンクが28.2%も保有しているということは、海外の機関投資家が同社の成長性を高く評しているからだとみられます。
紹介時の株価(6270円)は2%超上回っています。ここはもう少し持続です
(株価6410円+50円) 見切りライン5749円ます。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制