ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ANAホールディングス(9202)

リアルタイム情報

見通しコメント ANAホールディングス(9202)

ANAホールディングス(9202)
悪材料に悪材料が重なりましたが、赤字幅は急速に縮小しています。ここは持続で!

反発の動きです。
1500億円の転換社債発行を嫌気して急落した後、「オミクロン株」の出現で一段安になってしまいました。目先の底は入れたと思っていたのですが、ウクライナ情勢の悪化でさらに下がってしまいました。
テクニカル的には「超」売られすぎ状態にあと一歩という水準まで下げていました。
本日の反転で目先の底を入れた可能性が出てきました。

紹介時の株価(2894.0円)を下回ってしまいましたが、悪材料に悪材料が重なっただけですので、ここは持続で対処してください。
CBで調達した資金はデジタル投資、新ブランド立ち上げ資金、CB償還資金などに充当するとのことです。

2021年4~12月期は売上高7380億円(前年同期比39%増)、経常利益▲1183億円(前年同期は▲3507億円)と赤字幅が大幅に縮小しました。
第3四半期を取り出すと経常利益は▲28.18億円。
通期業績は売上高1兆0600億円(同45%増)、経常利益▲1400億円(前期は▲4513億円)を据え置いていますが、第3四半期の内容から赤字幅はさらに縮小することになりそうです。

業績面から売られることはもうないと思いますので持ち株は持続で問題ないとみています。
黒字浮上が確実となったら動きは一変するはずです。
信用倍率は3.78倍と買い長で買い残が721万株株ありますが、「貸し株」も2803万株超出ています。需給は良好です。
(株価2236.5円+69.5円) 見切りライン2581円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制