ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 豊和工業(6203)

リアルタイム情報

見通しコメント 豊和工業(6203)

豊和工業(6203)
業績は予想以上です。新たな見切りラインには注意してください!

紹介時の株価(955円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。
北朝鮮の非核化が進んでおらず、米朝関係が悪化してくれば再び人気化するのではとの期待から紹介しました。

注目されるのは会社四季報が会社比「大幅弱気」とし業績を大幅に引き下げているのに、実績はそれを大きく上回っている点。
同社は今期業績を売上高226億円(前期比16%増)、経常利益7.80億円(同12.5倍)見通しと発表していますが、会社四季報は売上高を215億円(同10%増)に、経常利益を3.50億円(同5.6倍)に引き下げています。
中間期予想も会社予想の売上高109億円(同18%増)、経常利益3.40億円(前年同期は▲1.01億円)を売上高105億円、経常利益1.50億円に引き下げています。

ところが発表された第1四半期(4~6月)決算は売上高50.8億円(同19%増)、経常利益2.07億円と予想を大きく上回るものでした。
進捗率からみて増額の可能性もありそうな内容で、株価はこれを好感し上昇しました(8/7以降の動きです)。
その後、地合い悪化に押されましたが、会社四季報が発売される今週末には好実態の認知が進みますので、株価もそれを映したものになる可能性があります。

米朝首脳会談が実現しそうだと報じられたのは5/25~26日頃ですが、株価が下げ足を速めたのは会社四季報が発売された6/15以降です。
会社四季報が下げさせた言って過言ではないと思います。
想定されるマイナス材料はすべて織り込んでいますので、ここからの下値リスクはそうないとみています。

ただ今回、2回目の米中首脳会談が年内に実施される可能性があると報じられ、軟調な動きになっています。
見切りラインまで下げましたが、ここは持続で対処してください。
なお第2の見切りラインを861円に設定します。ここまで来たら投げてください。
(株価902円-14円) 見切りライン899円→861円に変更です

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制