ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 日総工産(6569)

リアルタイム情報

見通しコメント 日総工産(6569)

日総工産(6569)
表面上の決算を見て急落しましたが、本来の業績は好調で最高益を更新の見通しです。ここは持続で!

紹介時の株価(1089円)を回復、7%超上回っていますが、ここは持続で対処してください。
8/5の決算を受けて急落しましたが、すでに底を入れ、反転の動きに変わりつつあります。

2019年4~6月期は売上高179億円(前年同期比12%増)、経常利益4.90億円(同26%増)と大幅増収益を達成しましたが、凄い下げになっていました。
会社四季報の中間期経常が17億円(同82%増)となっていたので未達懸念が出てきたからです(注:同社は中間期業績予想は非開示)。
決算資料をチェックしたら、第2四半期以降の成長に向けて先行投資(募集費、住居費、研修費、新卒関連ほか)を1.3億円程度計上したと出ていました。

前期の四半期ごとの売上高は第3Qが169億円、第4Qが165億円、第2Qが153億円、第1Qが145億円となっていますが、大きさの順が3、4、2、1となっているのはその前の期も変わりません。
もともと利益が少ない最不需要期の第1四半期に先行投資を行ったわけですから、利益進捗率からは達成不可能と思われて当然です。
通期業績は売上高800億円(同15%増)、経常利益40億円(同38%増)を据え置いており、最高益を更新の見通しです。
決算資料をチェックして売られ過ぎと判断し紹介しました。
信用倍率は5.30倍と買い長で買い残が41万株ありますが、「貸し株」も29万株超出ています。
(株価1173円-4円) 見切りライン993円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制