ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 日本ペイント(4612)

リアルタイム情報

見通しコメント 日本ペイント(4612)

日本ペイント(4612)
11カ月も下落相場が続きましたが、底入れした可能性が強まってきました。需給面からも注目される銘柄です!


反落の動きですが、紹介時の株価(1175円)は上回っています。ここは持続で対処してください。

昨年11月に2796円まで上昇した後、大きく売られました。下落期間は約11カ月にもなります。10/12時点で見たら高値からの下落率は58%超に達していました。
それが同日の下方修正を受け、さらに下落。下落率は61.4%に拡大しました。「半値八掛け二割引き」水準(68%)には少し足りませんが、テクニカル的には売られすぎ状態となっており十分下げたとみています。
その株価が反転してきましたので底入れした可能性がより強まってきました。

10/12の下方修正は2021年12月期売上高を1兆100億円→1兆円(前期比%28増)に、営業利益を1020億円→800億円(同7%減)に引き下げるものでした。
半導体不足の影響で自動車生産が各地で想定を下回ったものの、主力の塗料を中心に売り上げはほぼ想定線を維持できた。が、原材料価格の高騰が続き、コスト削減では吸収しきれなかった、と会社ではコメントしています。
下方修正とはいえ、営業利益は過去最高となった前期(869億円)から69億円減るだけです。
10/12の下方修正で業績不安は織り込んだと思います。
株価は来年を見据えて動き出しています。
信用倍率は6.14倍と大幅な買い長で買い残が108万株ありますが、「貸し株」が1932万株超出ています。大変な株数で需給面からも注目されます。
(株価1197円-45円) 見切りライン1077円(厳しく取っています)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制