ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 幸楽苑HD(7554)

リアルタイム情報

見通しコメント 幸楽苑HD(7554)

幸楽苑HD(7554)
踏み上げに相場になりつつあります!

安く始まってから切り返してきました。弱くはない証拠です。
紹介時の株価(1804円は5%超上回っていますが、ここはもう少し持続です。

「いきなりステーキ」のFC展開を発表したことで、市場はそこまで酷いのかとの評価をしていましたが、今回の決算はそれを打ち砕くものでした。
9月中間期は売上高202億円(前年同期比3%増)、経常利益9.31億円(前年同期は▲1.80億円)と予想(売上高193億円、経常利益4億円)を大幅に上回って着地。
第2四半期を取り出すと売上高107.9億円、経常9.31億円。第1四半期は売上高94億円、経常6百万円でしたから大変な改善となっています。
これを受け通期売上高を384億円→393億円(同1.9%増)に、通期経常を5.85億円→11.15億円に引き上げましたが、進捗率から見て再増額が濃厚。

不採算店の大量閉鎖のほか、無料クーポン券の停止、原価低減などで採算が改善したためです。しかも第2四半期は豪雨や台風による天候不順等の影響があった中での採算改善。ラーメン事業だけを取り出すと売上高184億円(同3.6%減)、経常利益17.86億円(同148.2%増)と凄い高収益となっています。

その他事業は売上高17.84億円(同105%増)、経常利益0.63億円(同47%減)。ラーメン店から「いきなり !  ステーキ」への業態転換を10店で実施、その費用がかさむ形になりました。
これらが収益化してくれは利益はさらに上乗せされそうです。

今回の決算で「継続企業の前提に疑義」との注記も外れました。
株価は「いきなり!ステーキへの」業態転換(採算が良くない店舗が中心)発表を受けて急伸した後、大きく下げていました。
その過程で想定される悪材料はすべて織り込んだはずです。
信用倍率は0.31倍と売り長で「貸し株」が47.5万株出ており需給は良好。
売り方は買い戻さざるを得なくなっています。
(株価1909円+18円) 見切りライン1510円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制