ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 原田工業(東証2部6904)

リアルタイム情報

見通しコメント 原田工業(東証2部6904)

原田工業(東証2部6904)
業績は好調で今期は15年ぶりの最高益となる可能性も。ここは持続で!


3日続落と軟調な動きです。紹介時の株価(770円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。
決算を受けて売られましたが、決算は好調で今期は15年ぶりに過去最高益を更新する可能性もあります。
9月中間期売上高は210億円→215.23億円(前年同期比5%増)に、経常利益は11億円→13.27億円(同104%増)に増額修正されました。
通期業績は売上高400億円(同2%減)、経常利益20億円(同9%減)を据え置いていますが、中間期の状況から見て増額の可能性大とみています。
過去最高益は2003年3月期に記録した23.6億円ですが、下期が順調ならそれを15年ぶりに更新する可能性があります。

この決算を受け、11/9以降、急落しました。
業績が期待値に届かなかったからかもしれませんが、第2四半期が売上高107.79億円、経常利益5.45億円と第1四半期(売上高107.44億円、経常利益7.82億円)より利益が減ったのが主因ではないかとみています。
利益は四半期ごとに伸びていくものではありませんので、売られすぎではないかと思います。
信用買い残は50.6万株と過大ですが、「貸し株」が24.6万株出ており需給はそう悪くありません。
テクニカル的には下げすぎ状態となっていますので、今後、その修正が進むとみられます。
(株価745円-8円) 見切りライン724円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制