ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 住友精化(4008)

リアルタイム情報

見通しコメント 住友精化(4008)

住友精化(4008)
悪い決算ですが、予想よりは相当いいという業績内容です。目先の底は入れたとみています!

紹介時の株価(3200円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。
2019年4~12月期は売上高747億円(前年同期比10%減)、経常利益50.96億円(同25%減)と大幅減収・減益となりました。
通期でも売上高1000億円(同8%減)、経常利益50億円(同42%減)と大幅な減益を見込んでいます。
悪い業績ですが、通期で計画している経常利益はすでに超過達成しています。
第3四半期を取り出すと売上高213億円、経常利益24.33億円。因みに四半期ベースの経常利益は14.18億円(第1Q)→12.45億円(第2Q)→24.33億円(第3Q)→▲0.96億円(第4Qの会社予想)となります。
第4Qが3Q並みの利益が出るとすると通期経常は75億円程度に拡大します。

増額修正しないことについて会社資料には、「新型コロナウィルス感染拡大による当社業績への影響について、現時点で算定することが困難であるため、予想を変更していません」としています。
会社四季報のコメントは「営業益急減」とか、吸水性樹脂が中国で大苦戦などネガティブなものばかりでした。
そんなこともあって株価は相当悪いだろうという前提で形成されています。
テクニカル的には売られすぎ状態となっていましたので、2/5の3015円で底は入れたとみています。
(株価3130円+25円 ) 見切りライン3014円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制