ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 住友林業(1911)

リアルタイム情報

見通しコメント 住友林業(1911)

住友林業(1911)
利益の半分以上は海外で生み出しています。ただ上がったら利確先行の動きで!

高値圏での動きですが、方向感は見られません。
ただ弱い動きではありません。紹介時の株価(1594円)は8%超上回っていますが、ここはもう少し持続し様子を見たいと思います。

決算は凄いものでした。
2020年4~6月期は売上高2455億円(前年同期比4%増)、経常利益103.29億円(同107%増)とびっくりの内容でした。
決算期を12月に変更するため今期は9カ月の変則決算となります。
当初の業績見通しは売上高7440億円、経常利益150億円でした。これが4~6月期決算を受け、売上高7770億円、経常利益240億円に引き上げられました。

会社資料には…
海外住宅・不動産市事業(売上構成比36%)が米国中心に住宅販売が伸びており、国内住宅・建築事業(売上構成比43%)も想定より受注、工事とも改善しており、その効果が出ているとしています。
9カ月の変則決算で増減率は出ませんが、凄い決算であることに変わりはありません。
相場は「比較してなんぼ」の世界ですので、上がったら利確先行でいきたいと考えていますが、まだ期待したところまで上がって来ません。
利益の半分以上は海外、特に米国で上げています。
コロナ感染症の拡大で米国ではリモートワークの動きが広がり、これに伴い住宅市場が絶好調となっています。
(株価1736円+9円) 見切りライン1199円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制