ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント 三井造船(7003)

リアルタイム情報

見通しコメント 三井造船(7003)

三井造船(7003)
造船業界の受注環境は好転しています。ここは持続で!

見切りラインを割れても持続で対処してくださいとしていました。
テクニカル的には下げすぎ状態となっています。
大底圏で陽線が2本立っていますので、1月26日の186円で底を入れた可能性が大です。
子会社の三井海洋開発(6269)が浮体式原油生産設備を手掛けているため、原油安がマイナスになっていますが、主力の造船部門は円安効果の恩恵を受けつつあります。
受注環境が好転してきたため、170億円を投じ、船舶や舶用エンジン、港湾クレーンなどの設備増強に取り組むと日経新聞が報じています。
原油価格が下げ止まったら反転する可能性大とみています。
(株価193円±0)見切りライン199円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制