ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント レカム(東証スタンダード3323)

リアルタイム情報

見通しコメント レカム(東証スタンダード3323)

レカム(東証スタンダード3323)
業績は順調でV字回復見通しなのに底バイの動きが続いています。そのうち吹く局面も!


反発の動きです。紹介時の株価(69円)は1円上回っています。

株価は大きく下落した後、半年以上も62円~72円で往来相場が続いています。
チャート的には煮詰まりつつありいつ吹いてもおかしくありませんが、個人が身動き取れない状態になっているので、そうした動きには至っていません。
が、業績が順調なため、いずれ吹く局面はあるとみています。

中小企業向けにIT、脱炭素ソリューションを提供しています。
2022年3月期は売上高77.96億円(前期比10%減)、経常利益▲0.51億円(前期は▲2.44億円)と赤字が残りましたが、赤字幅は前年より大幅に縮小しています。
今期は売上高96億円(同23%増)、経常利益4.50億円と大幅増収を見込み黒字浮上を見込んでいます。
3月中間期も売上高41.81億円(同2%増)、経常利益2.54億円(前年同期は▲0.89億円)と順調でした。
中間期の内容から増額含みの内容で、今期経常は2019年9月期の過去最高益(6.42億円)に迫る可能性もあります。

前期は無配となりましたが、今期は1.00円ながら配当を予定しています。
PBRは1.40倍。悪くありません。
殆どの投資家は損失状態ですが、過去の株価水準からみてこの水準は魅力的です。
信用買い残は365万株と過大ですが、「貸し株」も439万株超出ています。需給は良好です。
(株価70円+2円)  見切りライン61円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制