ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント リーダー電子(JQ6867)

リアルタイム情報

見通しコメント リーダー電子(JQ6867)

リーダー電子(JQ6867)
底入れ反転の動きに変わってきました。ここは持続で!

紹介時の株価(1534円)を大きく下回っていますが、ここは持続で対処してください。
底入れ反転の動きに変わりつつあります。

カメラが切り替わっても画面の色や明るさが一定になるように調節する波形モニターが主力。これを生産できるのは世界に3社(他に米英各1社)しかなかっのですが、昨年、英国のファブリックス社を完全子会社化。今は2社体制となっています。
東南アジアなどではTVはフルハイビジョン(2K)に移行中ですが、日本や欧州、中国などでは4K映像が中心。
同社は4Kのオンリーワン企業で8Kでも独占状態とのことです。TV放送の高機能化でシェアは今後、必然的に上がって行く、と同社社長がラジオ日経で語っていました。

今は第2の創業期と考えといる、とも語っていました。業績はそういう感じになっています。
20億円台で推移していた売上高は2年前から急速に拡大しています。
ただ今2020年3月期の第3四半期決算が売上高25.49億円(前年同期比9%増)、経常利益2.30億円(同2%減)となったことを受け、株価は2/3に急落しました。
その後、コロナウイルスショックなどが響きましたが、通期業績は売上高40.50億円(前期比18%増)、経常利益5.25億円(同56%増)と従来予想を変えていません。
会社四季報春号もその予想を変えていません。
ここは会社予想を信じたいと思います。
ナンピンを入れてもいい局面だと思いますが、大事を取って決算を見てからにしたいと思いあmす。
(株価834円+7円 ) 見切りライン1279円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制