ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント リーダー電子(JQ6867)

リアルタイム情報

見通しコメント リーダー電子(JQ6867)

リーダー電子(JQ6867)
東京五輪が延期となり厳しい状況となっていますが、最悪期は過ぎたと思います!

 紹介時の株価(1534円)を大きく下回っていますが、ここは持続で対処してください。
コロナショックに加え、5月に発表した今期の大幅減益見通しが響きました。

2020年3月期は売上高40.28億円(前期比17%増)、経常利益4.38億円(同30%増)と大幅増収益を達成しました。
しかし今期は売上高33億円(同18%減)、経常利益0.35億円(同92%減)と大幅減収・減益になる見通しです。
東京五輪や大きなスポーツイベントが延期され、それらに関連する「中継車」会社からの受注が停滞しているうえ、各種展示会の中止、設備投資の一時的な見送りなどもあって非常に厳しい状況が続くためです。

しかしそれが終息した際は、放送局のフルハイビジョン(2K)関連投資に加え、4K放送への設備投資が再継続され、更に8K放送への設備投資も回復すると見込まれます、と会社資料には出ています。

7月末に発表した4~6月期決算は売上高6.35億円(前年同期比3%減)、経常利益▲0.84億円(前年同期は0.14億円の利益)と減収、赤字転落しました。
ただ通期業績は上記予想を変えていません。
決算を受け、株価は下落せず反転の動きに変わりつつあります。
暫くは我慢が必要ですが、業績面では最悪期は過ぎたと思います。
ナンピンを入れたいところですが、それはもう少し先、底入れを完全に確認したところでしたいと思っています。
(株価643円-6円 ) 見切りライン1279円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制