ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント メガネスーパー(JQ3318)

リアルタイム情報

見通しコメント メガネスーパー(JQ3318)

メガネスーパー(JQ3318)
劇的な再生を果たしつつあります。ここは持続で!

きょうの下げで紹介時の株価を2円下回ってしまいましたが、持ち株は持続で問題ありません。
破綻もしくは上場廃止の一歩手前まで来ていますが、劇的な再生を果たしつつあります。

2015年10月中間期は売上高77.77億円(前年同期比8%増)、経常利益3.05億円(前年同期は▲6.77億円)、当期利益1.72億円(同▲11.35億円)と出色の内容となっています。
第1四半期が売上高36.67億円、経常利益1.42億円、 第2四半期が売上高39.10億円、経常利益2.14億円ですから、業績は一段と好転していることがうかがえます。
通期では売上高166億円(同16%増)、経常利益6.30億円(同▲9.387億円)、当期利益4.40億円(同▲14.87億円)と従来予想を変えていませんが、上振れる可能性大ではないかとみています。
不採算店を55店閉鎖したことで家賃・販管費等固定費が大幅に削減され損益が改善しました。
近所にできた新店舗もこれならと思わせるものでした(撤退前の店は同社店舗にしては大きすぎで100%赤字と分かるものでした)。
「継続企業の前提に疑義」の注記が付いており4月末までに債務超過を解消できなければ上場廃止となる見通しですが、黒字基調が定着しつつあることから、免れる可能性が出てきました。
新株予約券発行などでメドが付きつつあるからです。
(株価60円-3円) 見切りライン49円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制