ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント マーチャント・バンカーズ(東証2部3121)

リアルタイム情報

見通しコメント マーチャント・バンカーズ(東証2部3121)

マーチャント・バンカーズ(東証2部3121)
コロナ禍を見込んでも今期は大幅増益予想。力強いチャートになっています!


紹介時の株価(331円)とほとんど変わりませんが、ここは持続で対処してください。
5/20に買い推奨を考えた銘柄ですと紹介していました。
当日は決算を好感して378円まで急伸した後、利益確定売りに押されましたが、その後の動きはしっかりしたものになっています。
相場急落前の株価をすでに上回っており、コロナ禍とは無縁の動きとなっています。
5/20がなかったとしてチャートを見たら、力強さが分かると思います。

2020年3月期は売上高24.48億円(前期比26%増)、営業利益2.15億円(同107%増)、経常利益1.08億円(前期は▲4百万円)と黒字浮上しました。
今期は売上高25億円(同2%増)、営業利益6億円(同178%増)、経常利益5億円(同362%増)と一段の拡大を見込んでいます。
これを受け、配当も1円増の年2円配を予定しています。

会社資料には、
「加古川プラザホテル」や「土岐グランドボウル」、「インターネットカフェ2店舗」などがコロナウイルスの影響を受けるが、その影響は売上高で8.5億円(前期比21%減)、セグメント損益で▲0.8億円(前期はセグメント損益▲6百万円)。コロナの影響を見込んでも上記業績は達成できると力強いコメントに溢れていました。

利益確定売りに押された後、沈没しないで順調に戻しているのは、会社資料を読んで実態が分かった向きが買っているからだとみられます。
信用買い残は219.3万株と過大ですが、「貸し株」も31.6万株出ています。
(株価330円±0) 見切りライン294円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制