ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ホープ(M6195)

リアルタイム情報

見通しコメント ホープ(M6195)

ホープ(M6195)
激震に見舞われましたが、第4Qは大幅黒字に転換の見通しです!


激震に見舞われました。まだ落ち着きは取り戻していません。
反転に転じれば気持ちは少し好転してきます。いまはそれを期待するしかありません。
同社株についてはほぼすべての投資家が損失状態となっています。
ですからか底入れが確認できるまでは、買い増ししようとかナンピンしようとする投資家は出てこないはずです。
今の株価はそれを表しています。

昨年末から1月にかけての記録的寒波を受け、エネルギー部門の業績が読めなくなったため、売り上げ以外は全て「未定」に変更していました。
時間が経過し損失が固まったので、4/19にそれを発表しました。
2021年6月期売上高は299.20億円→340億円(前期比136%増)に増額しましたが、経常利益は「未定」→▲59.37億円~▲50.61億円に、当期利益は「未定」→▲59.64億円~▲50.87億円に大幅に引き下げました。

電力需給のひっ迫で卸電力取引所(JEX)の電力取引価格が急騰したのが原因です。
電力の平均スポット価格(1KW時当たり)は昨年8月は7.04円でしたが、それが6.31円(9月)→5.05円(10月)→5.56円(11月)→13.93円(12月)→63.07円(1月)→7.50円(2月)→6.24円(3月)と凄い乱高下を演じました。

そんな中、1~3月期の損益が確定したので、4/23に第3四半期までの累計決算を発表しました。
売上高218億円、経常利益▲72.95億円、当期利益▲73.13億円と凄いものでした。
ただ通期業績は上記の売上高340億円、経常利益▲59.37億円~▲50.61億円、当期利益▲59.64億円~▲50.87億円を変えていません。

この損失は4月から9分割して均等払いする予定で、既に2回の支払いは終えています。
なおこの支払のせいで6月期末には31.67~22.91億円の債務超過になると発表しています。
それを避けるため、様々な資金調達を検討しているとも発表、4/30日には第三者割当で新株予約権を発行すると発表しました。

資金調達については全く心配していませんが、赤字がこれほど酷いとは予想外でした。
ただ特殊要因がなくなる第4四半期は13.58~22.34億円と大幅黒字に転換の見通しです。
決算を打消えて動きは変わってくるとみています。ナンピンするのはその時です。
(株価1106+20円) 見切りライン3089・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制