ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント フィードフォース(M7068)

リアルタイム情報

見通しコメント フィードフォース(M7068)

フィードフォース(M7068)
増額修正したのに軟調な動きですが、ここは持続で!

紹介時の株価(2524円)を大きく下回っていますが、ここは持続で対処してください。
紹介したタイミングが悪すぎたうえ、新型コロナショック、小幅減額が響きました。

東洋経済オンラインの2015年5月期予想は売上高 17.0億円、経常利益4.50億円でしたが、会社四季報・春号では売上高17億円(単独決算の前期は7億円)、経常利益3.9億円(同0.34億円)に小幅に減額していました。
3/16以降の株価はこれが響いた面もありますが、下げが大きくなったのは上場来安値の1513円を切った3/30からです。
投げが出て売られた格好になっています。
が、同社は同日の11:30に2020年5月期売上高を9.89億円→14.70億円に、経常利益を2.32億円→3億円に増額修正、最高益更新に弾みがつくと発表していました。

増額修正発表で売られたのは、増額した数字に失望したからではないかと思います。もっと良くなるとみていたからだと思いますが、出来高は増えていますが、そんなには増えていません。
暴落で個人投資家が身動きが取れなくなって買い向かえなくなったことも、ここまで下げた一因はないかとみています。
前回、株価が1777円の時、ナンピン出来る方はナンピンのチャンスですとしましたので、ナンピンされた方の平均買い値は2150.5円前後に下がっていますが、ここでのナンピンはお勧めしません。
底入れをしっかり確認した後にしたいと思います。
(株価1383円-11円) 見切りライン1999円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制