ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ファーマフーズ(2929)

リアルタイム情報

見通しコメント ファーマフーズ(2929)

ファーマフーズ(2929)
この水準ではもう少し持続です!


続落の動きですが、きょうの地合いでは仕方ないとみています。
紹介時の株価(1582円)は22%超上回っています。前回は利確も一法としていましたが、この水準ではもう少し持続です。

3/3に1月中間期期売上高を278.50億円→288.21億円(前年同期比41%増)に、経常利益を11.19億円→21.05億円(前年同期は▲0.49億円)に増額修正しました。
株価はこれを好感、買い先行で始まったものの、104円高の1747円で寄り付いた後は売られる動きになっていました。折からの相場急落に巻き込まれためです。

3/7発表した本決算は増額した通りの内容でした。そのとき通期業績については売上高606億円(同29%増)、経常利益57.88億円(同0.4%増)見通しと従来予想をそのまま出してきました。
これを受けた8日は8円安となりましたが、安く始まったあとは下げ幅を縮小していました。
日経平均はこの間、591円安、764円安、430円安と凄い下げになっていました。そんな中、チャートは7、8日と陽線になっており、買い優位の動きになっていました。

通期経常は増額されなかったものの増額修正含みであり、最高益更新に弾みが付く可能性大です。
全面安の中、3/7は逆行高し3/8は8円安にとどまっていました。
事業内容からみてウクライナ危機とは
「折あらば脱出しよう」、こんな動きになっていますとコメントしていましたが、そのような動きになっています。
信用倍率は1.09倍と拮抗しており「貸し株」が361万株超出ています。需給は最高です。
(株価1945円-37円) 見切りライン1379円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制