ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ビジョナリーHD(JQ9263)

リアルタイム情報

見通しコメント ビジョナリーHD(JQ9263)

ビジョナリーHD(JQ9263)
そのうち株価位置は変わるとみています。ここは持続で!

このところ軟調な動きになっています。
4/15に同業のシード(7743)が下方修正を発表しましたが、ひょっとしたらそうしたことを織り込んでいるのかもしれません。
ただシードは発表と同時に悪材料出尽くしとなり上昇に転じています。
ここからの一段安はないはずです。

今4月期の第3四半期決算は売上高198億円(前年同期比24%増)、経常利益5.40億円(同41%増)と好調でした。
通期業績は売上高253億円(前期比16%増)、経常利益10.30億円(同75%増)を据え置いており最高益を更新の見通しです。
持株会社への移行で業績の連続性は途切れましたが、10億円超の大幅赤字を計上していた数年前が信じられないくらいです。
この業績で好感されなかったのは、第3Qが売上高66.90億円、経常利益0.79億円と第2Qの売上高65.57億円、経常利益1.54億円から利益が落ち込んだためだとみています。
理由はわかりませんが、売り上げが好調なため、問題視する必要はないとみています。
会社では第4Qは売上高54.84億円、経常利益5.31億円と予想していますが、第4Qは需要の最盛期で、例年売り上げ、利益とも急増します。
増額の余地は大と見ています。
ボロ会社との印象がまだ残っていますが、決算を経るにつれ投資家の認識が変わり株価位置は違ったものになるとみています。
(株価70円+1円) 見切りライン99円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制