ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ナルミヤ・インターナショナル(9275)

リアルタイム情報

見通しコメント ナルミヤ・インターナショナル(9275)

ナルミヤ・インターナショナル(9275)
期待値が低かった分、株価はまだ低位にあります。ここは持続で!

小反落。軟調な動きです。
紹介時の株価(570円)を少し下回っていますが、ここは持続で対処してください。
2020年3~5月期が売上高46.24億円(前年同期比40%減)、経常利益▲4.19億円(前年同期は5.40億円の利益)となったことを受け、未定とした今期業績見通しを発表しました。
通期売上高は307億円(同6%減)、通期経常は4.33億円(同73%減)と減収・大幅減益を見込んでいます。
最高益となった前期からはつるべ落としの落下となる見通しです。
同業の西松屋チェーン(7545)が大幅増額修正(発表6/18)を好感して急伸した時も反応なしでした。それだけ期待されていなかったわけです。

既存店売上高は3月が34.2%減、4月が67.2%減、5月が29.4%減となっています。
会社資料には5月は97%の店舗が臨時休業したが、6/2現在ではすべての店舗が営業を再開していると出ています。そのせいでしょうか。6月の既存店売り上げは8.5%増とプラスに転じています。
溜まっていた需要が一気に出ただけかもしれませんが、4月の67.2%減を底に回復に向かっているのは確実でしょう。

会社四季報の8月中間期予想は売上高117億円(同23%減)、経常利益▲9.40億円(前年同期は3.68億円の利益)です。
通期予想は売上高290億円、経常利益▲0.5億円。
この予想に対し会社が出した通期の4.33億円の経常はある意味、サプライズです。6~7月期は黒字浮上は無理としても中間期では赤字幅の大幅減は確実でしょう。
(株価563円-11円) 見切りライン482円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制