ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ド~ン(2303)

リアルタイム情報

見通しコメント ド~ン(2303)

ド~ン(2303)
「Live映像通報システム」で業績は様変わりしそうです!

その材料性から株価位置に関係なく紹介した銘柄です。
紹介時の株価(3600円)を下回っていますが、持ち株は持続で対処してください。
前回(1/20)、2回目の買いを入れるチャンスとしました。ナンピンされた方の平均単価は3510円前後に下がっています。

注目しているのは「Live119映像通報システム」。
消防や警察向けの映像通報システムです。交通事故や火災が発生した時、第1発見者はパニック状態になっているため、的確な状況説明が出来ず、指令センターは正確な場所や現場の状況把握ができないそうです。
それを解決したのが同社のシステム。
消防・警察が通報者にスマホの「ビデオ通話」にするように依頼、通報者は消防の「LIVE119サイト」にアクセスしてビデオ通話を始めるシステムです。
救急隊や消防隊は画像から現場をいち早く特定、映像から現場の詳しい状況も把握できるので最適な救助・消防活動が可能になるとのことです。
「Live映像通報システム」が本格稼働しているのは神戸市消防本部(7月導入)と小野市消防本部(7月導入)、そして警察向けが兵庫県警(10月導入)の3カ所。

現在、西宮市、小野市、堺市、京田辺市、倉敷市、鹿児島市、豊田市、津市、太田市、東京消防庁などで実証試験が行われていますので、2021年度以降、導入が本格化しそうです。
地方自治体は全国に1741ありますので、その半分が導入するだけでも相当な数になります。
クラウド型の利用となりますので課金収入が毎月入ってきますが、利用料金は通報件数が増えれば増えるほど高くなるとのことです。毎年4月に1年間の利用料金を決め、それに従って入ってくるとのことです。
これに警察向けの「LIVE110映像通報システム」が加わってきます。

業績は好調。
今5月期は売上高11億円(同4%増)、経常利益3.33億円(同13%増)と2桁増益を予想、最高益を更新の見通しです。
前期の売上高は10.50億円ですが、その39%をクラウド利用料が占めています。
聴覚障害者にも対応できる「ネット119通報システム」の導入が全国の消防署で進み、その利用料が大きくなってきたからです。
予算が絡む自治体や警察が需要先となりますが、クラウド利用料の売上比率上昇に伴い、収益性は高くなってきます。
2017年5月期はクラウドの売上比率は30%でしたが、その時の売上高経常利益率は16.6%でした。それが前期は28.0%に高まっています。
近いうちにこの比率は5割を超えるとみられるので、高収益会社として知られる存在になるのではとみています。
(株価3045円+40円 ) 見切りライン2799円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制