ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント テラプローブ(M6627)

リアルタイム情報

見通しコメント テラプローブ(M6627)

テラプローブ(M6627)
業績は予想通りです。ここは持続で!

小幅反落。
紹介時に予想以上の買い物が集まりストップ高で寄り付いたのが響きました。買い上限を855円から900円に引き上げたので、上限の900円で買ったとしてコメントします。
期待値が低かった分、狙い目として紹介した銘柄です。
ですから業績は良くありません。

2019年12月期は売上高169億円、経常利益▲3.93億円と赤字決算でした。
2020年1~3月期は売上高36.99億円(前年同期比16%増)、経常利益3.31億円(前年同期は▲3.58億円)と黒字浮上しましたが、コロナ感染症の拡大で今期業績は6月中間期のみ売上高90~92億円(同0.3%減~1.9%増)、経常利益0.50~2.30億円(同8.7~400%増)見通しと発表していました。
それを7/20に売上高91.70億円(同16%増)、経常利益2.50億円(前年同期は▲7.86億円)に上方修正しました。

その後発表した中間決算は売上高91.75億円(同16%増)、経常利益2.51億円(前年同期は▲7.86億円)と事前に修正した通りの内容でした。
業績は予想レンジの上限で着地しており、そう悪いわけではありません。
決算(8/14発表)を受けて株価が下落したのは通期見通しの「未定」が響いただけだと見ています。
今度の決算で見通しを示したら、動きは変わってくるとみています。
(株価718円-8円) 見切りライン699円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制