ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント テモナ(3985)

リアルタイム情報

見通しコメント テモナ(3985)

テモナ(3985)
決算を見据えた銘柄です。業績は好調で今期は3期ぶりに最高益を更新の見通しです!

今月の決算を見据えた銘柄として紹介しました。
6月の利確後もずっとウォッチしていました。会社四季報・夏号が「会社比大幅強気」とし、予想を大幅に増額していたからです。

ところが8/10の決算を受けて急落してしまいました。
第3四半期までの累計決算(10~6月)が売上高18.09億円(前年同期比15%増)、経常利益3.69億円(同274%増)となったからです。
大幅増収益ではありますが、第3四半期を取り出すと売上高5.40億円、経常利益1.10億円。中間期が売上高12.69億円、経常利益2.59億円でしたから、売り上げ、利益とも大きく減少する形になっています。
ただ2021年9月通期の売上高28.14億円(同22%増)、経常利益4.07億円(同147%増)見通しは変えていません。
今期(実際は終わった期ですが)は3期ぶりに最高益を更新すると見込んでいますが、進捗率からみたらそれに弾みが付きそうな内容となっていました。プラスとマイナスが入り混じる業績で、会社四季報・夏号の業績予想は売上高290億円、経常利益5.40億円となっていました。

推奨するしないは秋号の予想を見てからにしようと考えていたら、秋号は売上高を285億円(同23%増)に引き下げただけで、「大幅強気」も経常利益の5.40億円(同212%増)予想も変えていません。会社四季報のコメントも力強いものになっています(パソコン画面で確認してください)。

調べた結果、同社の業績には季節性があることが分かりました。
因みに第1四半期(10~12月)は売上高5.92億円、経常利益0.98億円でした。第2四半期(1~3月)は売上高12.17億円、経常利益1.61億円。そして第3四半期(4~6月)は売上高5.40億円、経常利益1.10億円。逆算したら今期の第4四半期は売上高10.05億円、経常利益0.38億円となります。売り上げが大幅に伸びるのに利益は大幅減。会社四季報の予想が正解のように思えます。
定期販売特化型の通販システムが主力だからでしょうか。そのことを知らない向きが利益減にびっくりして投げた、これが8月の急落の主因ではないかと思います。
紹介時の株価(729円)は5%超上回っています。ここは持続で対処してください。

テクニカル的には8月と今月に入って2回、「超」売られすぎ状態となっていました。
急落の過程で業績悪化は織り込んだとみられるので、決算を受け、動きは一変するのではとみています。
なお会社四季報は2022年9月期は売上高33.50億円、経常利益6.80億円と一段の拡大を予想しています。
株価771円+20円) 見切りライン698円(厳しく取っています)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制