ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント テクノホライゾン(JQ6629)

リアルタイム情報

見通しコメント テクノホライゾン(JQ6629)

テクノホライゾン(JQ6629)
最高益見通しなのに何故か急落していました。ここは持続で!

3日続落となっていますが、動きはしっかりしています。。
紹介時の株価(833円)を下回っていますが、持ち株は持続で問題ないとみています。
会社四季報新春号の下期増益率ランキング(対上期比の営業利益ベース)の第13位にランクされていました。
同社の場合、下期営業利益は上期の1.38億円が9.15億円に拡大の見通しとなっています。

株価は中間決算(10/30発表)を受けて急落していました。
9月中間期が売上高87.54億円(前年同期比15%減)、経常利益0.88億円(同88%減)と大幅減収減益となったことが嫌気されたようです。
ただ通期業績は売上高225億円(同0.6%増)、経常利益14億円(同1.1%増)と従来予想を変えていません。
その通りなら今期も最高益更新となります。

同社は中間期業績予想を公表していません。
4~6月期は売上高43.73億円、経常利益▲0.78億円でしたから、逆算したら7~9月期は売上高53.81億円、経常利益1.66億円となります。上半期も後半にかけて急回復する形になっています。
この基調が続く保証はありませんが、会社四季報は「会社比強気」とし、今期経常は15億円に拡大するとしています。
信用倍率は8.77倍と買い長で買い残が116万株もありますが、「貸し株」も79万株超出ています。 需給に問題はありません。
(株価807円-17円 ) 見切りライン699円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制