ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント テクノスジャパン(3666)

リアルタイム情報

見通しコメント テクノスジャパン(3666)

テクノスジャパン(3666)
今期はV字回復し2期ぶりに最高益を更新の可能性も。ここは持続で!


続落の動きで、このところ軟調な動きとなっています。
見切ラインは当面無視してくださいとしていました。
出来高は増えていません。地合い悪化から買いが入らず、売りをこなせなくなっているのが響いているのではと見ています。

30日発表した決算は好調でした。
9月中間期は売上高39.91億円(前年同期比10%増)、経常利益4.97億円(前年同期は▲2.22億円)と予想をやや上回って着地しました。
通期業績は売上高79億円(同2%増)、経常利益8.20億円(同166%増)を変えていませんが、利益進捗率は60%強。
2019年3月期に記録した最高益(8.48億)を2期ぶりに更新する可能性もあり得る内容となっています。

この決算で売られたのは、増額修正がなかったからではないかと見ています。
上場来高値は2016/4に付けた1750円ですが、業績が悪化する前の2018年までは1000円を超える水準で推移していました。
今期はV字回復し2期ぶりに最高益を更新する可能性もあるわけですから、時価は割安ともいえます。
(株価762円-24円) 見切りライン864円・当面無視してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制