ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント タカラバイオ(4974)

リアルタイム情報

見通しコメント タカラバイオ(4974)

タカラバイオ(4974)
4か月以上弱含みの動きが続いており、そろそろではないかと見ています!

 続落の動きです。
紹介時の株価(2915円)を下回っていますが、ここは持続で対処してください。

6月に米子会社がコロナウイルスのハイスループットPCR検査法を開発したと発表したことを好感、ストップ高を交え3535円まで急伸した後は少しずつ上値を切り下げる動きになっていました。
注目点の第1はこの点。他社に先駆けて下落に転じていたということです。
足元の株価は検査法開発前の6/9の2882円とそう変わりません。

そんな中、2回目の増額修正を発表しました。
9月中間期売上高を168億円→173億円(前年同期比5%増)に、経常利益を25.59億円→39.07億円(同31%増)に引き上げており、中間期は一転、増益見通しとなりました。
通期業績には触れていせんが、進捗率からみて売上高396億円(同14%増)、経常利益66億円(同3%増)との業績予想は上振れし、最高益更新に弾みが付く可能性大です。
会社資料には…
PCR検査関連製品の需要が予想以上に強く、売り上げが予想を上回って推移したため、稼働率が向上、これにより原価率がさらに改善したと出ていました。

4カ月以上弱含みの動きが続いていますのでそろそろ反転しておかしくありません。
信用倍率は21.45倍と買い長で買い残が231万株ありますが、「貸し株」も337万株超出でています。
需給は良好です。
(株価2831円-6円) 見切りライン2670円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制