ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント セプテーニHD(4293)

リアルタイム情報

見通しコメント セプテーニHD(4293)

セプテーニHD(4293)
今期業績は想定される中で最も悲観的な見通しになっています。それが分かるにつれ戻す公算大です!

順調な動きでしたが、11日以降の下げが響きました。
紹介時の株価(216円)を下回ってしまいましたが、ここは持続で対処してください。

9月決算企業で今9月期はV字回復し3期ぶりの最高益更新もという業績予想を発表していました。
それがコロナウイルスの感染拡大から売上高を190億円→170(前期比1%増)に、営業利益を25億円→12.50億円(同39%減)に修正、一転、減益になると発表しました。
終わった3月中間期が売上高88.05億円(同5%増)、営業利益11.68億円(同14%増)と好調な業績だったのにです。
逆算すると下期の営業利益はたった0.82億円ということになります。

会社資料をよく読むと、コロナウイルスの影響が第2Qに一部出始めており、下期については想定しうる中で最も悲観的に見て上記のように下方修正した、と出ています。
4/30はそれが分かったため、買い推奨を考えた銘柄ですと紹介したわけです。
同日は上ヒゲ陽線でした。
減益の理由を知った向きは買い向かったが、知らなかった多くの投資家は失望売りを出し、それを吸収し切れなかった、こんな感じの動きでした。
同日は決算発表銘柄が多く詳細をチェックする時間がなかったから仕方ない面もあります。
しかし大幅減益ながら上昇してきたその後の動きは、同社に関心を持っていた向きや減益の理由を知った向きが買ってきたからでしょう。
減益の理由が認知されるに伴い戻り歩調を強めるとみています。
(株価199円-2円) 見切りライン189円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制