ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント スズケン(9987)

リアルタイム情報

見通しコメント スズケン(9987)

スズケン(9987)
独禁法違反となりましたが、ここは持続で!

軟調な動きになっていましたが、下げ止まったようです。
紹介時の株価(4055円)まであと少しとなっていましたが、遠くなってしまいました。
ここは持続で対処してください。

アルフレッサHD(2784)がJCHO(地域医療機能推進機構)の医薬品入札に関し、独禁法違反の疑いで東京地検と公取委が捜索を始めたと報じられたことを受け、同社のほかメディパルHD、東邦HDなど医薬品卸会社が揃って売られましたが、底は入れました。
急落したのは 入札に関して共同謀議があったのではと受け取られたからです。12/9には公取委から同社も刑事告発されました。
それを受け、コンプライアンス遵守の徹底に向けて組織を変更するとの発表があり、社長ほか役員の報酬減額も実施すると発表していました。
ただそれを受けた12/9は反発していました。独禁法違反の件は織り込み済みだったわけです。

業績は冴えませんが、業績不安はすでに織り込んでいます。
9月中間期は売上高1兆423億円(前年同期比6%減)、経常利益60.71億円(同69%減)と減収大幅減益となりました。四半期ベースの経常は4~6月期の62.11億円が7~9月期は▲1.20億円と赤字となりました。
ただこの決算を受けた11/6は急落して始まった後、急速に戻していました。
未定としていた通期業績を売上高2兆1220億円(同4%減)、経常利益123億円(同70%減)見通しと発表したからではないかと見ています。
(株価3760円+50円) 見切りライン3619円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制