ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント スズケン(9987)

リアルタイム情報

見通しコメント スズケン(9987)

スズケン(9987)
決算は予想以上です。ここは持続で!

反落となっていますが、大幅安で始まった後、下げ幅を大きく縮小しています。
決算を嫌気したのでしょうか。
9月中間期は売上高1兆423億円(前年同期比6%減)、経常利益60.71億円(同69%減)と凄い減益となっています。
この決算を受け、未定としていた通期業績を売上高2兆1220億円(同4%減)、経常利益123億円(同70%減)見通しと発表しています。
同社は当初から今期業績については合理的な算定が困難として中間期も通期業績も未定としていました。

同社株を推奨したのはコロナショックで急落した後の4/30です。
4~6月期経常が18.70億円の赤字だったことを考えると売られる決算ではありません。
7~9月期経常は79.41億円と大幅黒字に転換しています。79.41×2の利益が出るとすると今期経常は200億円以上に拡大する可能性もあります。

紹介時の株価は4055円です。
先月株価が急落したのは、同業のアルフレッサHD(2784)がJCHO(地域医療機能推進機構)の医療用医薬品の入札に関し、独禁法違反の疑いで東京地検と公取委が捜索を始めたと報じられたためです。同社のほかメディパルHD(7459)、東邦HD(8129)などが揃って売られました。 入札に関して共同謀議があったのではと受け取られたからです。

交通事故にあった感じです。
業績面の悪材料は出尽くしたと思います。
ここは事態の進展を見守りたいと思います。
(株価3820円-145円) 見切りライン3619円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制