ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント シェアリングテクノロジー(M3989)

リアルタイム情報

見通しコメント シェアリングテクノロジー(M3989)

シェアリングテクノロジー(M3989)
ここは持続で。テクニカル的に売られ過ぎ状態となっています!

紹介時の株価(606円)を少し下回っていますが、ここは持続で対処してください。
テクニカル的には売られ過ぎ状態になっておりいつ反転してもおかしくありません。
3月の直近高値からの下落率は64%超、昨年来高値の2753円(2018/10)からは79%超の下落となっています。これ以上は下がらないといわれる半値八掛け二割引きの68%を上回る下げになっていました。

3月中間期は売上高35.57億円、税前利益▲4.82億円(前年同期は0.22億円の利益)と赤字転落となりました。令和に入っての相場急落で地合いが悪化していた中、これが下げに拍車をかけました。
ただ通期業績は売上高88億円(同86%増)、経常利益16.20億円(同210%増)と従来予想を変えていません。今期も最高益を大きく更新の見通しです。

同社業績は下期偏重型です。
会社資料には上期の赤字は想定の範囲内。当社の「暮らしの困りごと」事業は暖かくなると増える傾向にあるため、予想を変える必要はないと出ています。
むしろ中間期の売り上げ増に注目すべきではないかとみています。
信用買い残は172万株とやや過大ですが、「貸し株」も136万株超出ています。需給はそう悪くありません。
(株価597円+13円) 見切りライン565円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制