ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント ゴールドウィン(8111)

リアルタイム情報

見通しコメント ゴールドウィン(8111)

ゴールドウィン(8111)
決算は予想以上です。大きく下げましたが、動きは変わりつつあります!

 4日続伸と堅調な動きです。
見切ラインを下回ったとき、ロスカットではなく持続としていました。
テクニカル的に「超」売られすぎ状態となっていたので見直される場面があるとみていたからです。

2021年3月期は売上高904億円(前期比7%減)、経常利益159.84億円(同2%減)と減収減益となりましたが、予想(経常利益で135億円)を大幅に上回って着地しました。
今期は売上高1000億円(同10%増)、経常利益152億円(同4%減)と10%増収で微減益を見込んでいます。
収益性は高く悪い業績ではありません。売上高経常利益率は15.3%もあります。

前期の増額修正を好感して7770円まで急伸した後、ずっと売りに押される動きになっていました。
3カ月以上もそうした動きが続きテクニカル的に超売られすぎ状態となっていたので、アク抜け感が出てもおかしくありませんとコメントしていました。そのような動きになっていましたが、また下がってきました。

会社資料には…
スポーツ量販店業界でのアウトドア業態専門店の出店や売り場拡大等を追い風に、アウトドア関連ブランドの販売が好調なため、予想以上の決算になった、と出ていました。
「密」を避けるアウトレジャーが盛んになっているため、今期も予想以上の決算になる可能性大ではないかと見ています。
会社四季報は業績について「会社比強気」とし今期経常を160億円に増額、今期は増益になると予想しています。
動きが変わってくるのは決算を受けてからではないかと思います。
なお6/10から「当面無視してください」は取り外しています。
(株価6510円+110円)  見切りライン6139円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制