ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント コパ・コーポレーション(M7689)

リアルタイム情報

見通しコメント コパ・コーポレーション(M7689)

コパ・コーポレーション(M7689)
底は入れています。ここは持続で!


小幅反落。
紹介時の株価(4395円)を下回ってしまいましたが、ここは持続で対処してください。

決算をチェックしていて予想通りの内容だったのでホッとしていたらストップ安となったのでびっくりしました。
2020年4~12月期決算は売上高55.31億円(前年同期比28%増)、経常利益8.16億円(同10%増)と好調なものでした。
通期では売上高64億円(同14%増)、経常利益8.93億円(同3%増)と最高益を見込んでいます。この決算でストップ安となった理由が分かりません。
第3四半期が売上高15.88億円、経常利益2.13億円と中間期(売上高39.43億円、経常利益6.03億円)から落ち込んだからでしょうか。
日用品など卸売りが主体の会社です。 利益は四半期ごとに伸びていくものではありません。
特定の大口が何らかの理由で売ったのではないかとみています。

2/15、16の出来高は半端ではありません。安いとみて買い向かった向きも多かったわけですが、その後の地合い悪化から思惑と違った動きになったので投げに動いた、これが17日以降の動きではないかとみています。
急落したとはいえ利益進捗率は91%超。最高益更新に弾みが付きそうな内容となっています。
ただ3/19以降の下げは会社四季報・新春号が会社比「大幅強気」とし今期経常を11.60億円と予想していたのを春号が会社比「強気」に格下げし、経常利益を9.80億円に引き下げたのが響いた可能性がありますが、引き下げたとはいえ悪い内容ではありません。
(株価4180円-30円) 見切りライン3984円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制