ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > リアルタイム情報 > 見通しコメント オークワ(8217)

リアルタイム情報

見通しコメント オークワ(8217)

オークワ(8217)
再び戻りを試す展開に。今期は12期ぶりに最高益を更新の見通しです!

8月中間期決算を見据えた銘柄です。
紹介時の株価(1397円)を6%超上回っていますが、ここはもう少し持続です。
1750円まで上昇した後の調整は一巡、再び戻りを試す動きになったとみています。

2020年2~5月期(20日シメ)が売上高687億円(前年同期比8%増)、経常利益20.71億円(前年同期は0.51億円)と予想以上の内容となったため、中間期売上高を1320億円→1380億円(同5%増)に、中間期経常を12.50億円→30.50億円(同241%増)に増額修正し、通期売上高を2680億円→2740億円(同3%増)に、通期経常を40億円→47億円(同25%増)に引き上げました。
これにより今期は2009年2月期に記録した最高益を12期ぶりに更新する見通しです。

6/29はこの決算を好感して高く始まりましたが、買いが一巡した後は一転、急落。
特定の大口が利益確定に動いたからだとみていますが、その後ずるずると下げ、9/9に1293円まで売られました。この下げがよくわからないのですが、ライフやヤオコー(8279)も8月中旬以降、軟調な動きになっていました。
今期は当初計画していた中間期経常(12.50億円)を第1四半期で大幅超過達成するびっくりの業績になっただけに、第2四半期以降も好調が続いているはずです。
会社資料には、コロナ感染症の感染拡大に伴う内食需要の高まりにより売上高が押し上げられた結果、予想以上の結果になったと出ていました。問題はその持続性ですが、当面は好調な販売が続くはずです。
信用倍率は1.16倍と拮抗しており「貸し株」も70.2万株超出ています。
「貸し株」は9/11に終わる週に29.9万株増えていたので、売り方は安値を叩いたはずです。
(株価1492円+37円) 見切りライン1292円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制